スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領土問題に「配慮」をするのがそもそもの間違い

 みなさんこんばんは。総理が福田になってからというもの、太郎ファンの私は、「こんなとき、総理が麻生さんだったら…」と何度も思うことがありましたが、今回もそうでした。

「竹島」中学校の解説書に明記、領土巡る表現は韓国に配慮

続きを読む »

スポンサーサイト

北京汚輪ピックまたは北京(人権)蹂躙ピックに関して

 今、各地で北京汚輪ピックの聖火リレーが妨害されています。私は、あまりに過激な妨害活動には賛成しかねます(でも、妨害者の気持ちは痛いほど分かる)が、中国には、ぜひともリレーを完走してほしいです。

続きを読む »

嘘の向こう側

 今、チベットで、暴動が起きています。中共は「一切武器を使っていない」と言っていますが、それが嘘であることは、「アジアの真実」というブログが紹介していた「チベット人権民主化センター」のサイトに載っている虐殺画像が証明しています。
画像はこちら(注:非常にショッキングな映像ですので、その手の映像が苦手な方、苦痛に感じる方は決してクリックしないようにお願い致します)
 他にも、中共はAFP BB NEWSによると「(チベットの暴徒が)無関係の人間にガソリンをかけ火をつけたり、巡回中の警官を殴り倒し刃物で肉を切り取ったりした」と語っていますが、これこそ、漢民族、そして中共の虐殺方法そのものです。肉を切り取るという発想が出て来る事自体、その昔、食人を嗜好としてきたDNAのなせる業なのです。
 私は、このように、通常の人間では考えられないような、残忍な虐殺方法を見る度に、通州事件を思い出します。
 多くは語りません。中共の白々しいともいえる嘘の向こう側には、人を震撼させるような真実が息を殺して存在していると、その嘘を隠すためには、ことさらその相手を悪者に仕立て上げるのだと、思い知った方が良いでしょう。
 これは、嫌味ではなく、真剣に問いかけます。日本の人権団体は、今こそこの重大な人権蹂躙問題に抗議すべきではないですか。
 どの著書かは忘れましたが、台湾の評論家である黄文雄氏が書いた文章が正に今の中国の姿に当てはまっているので、最後に記します。


中国人の欲には限りがないから、たとえ、世界中を手に入れたとしても、満足はしないだろう。

阿呆二匹、網にかかる

 皆さんこんばんは。年末年始の忙しさにかまけて、更新を怠っておりました。こんな怠け者の台風ですが、今年もどうかよろしくお願いします。
 さて、今回も、日本の捕鯨に反対する反日外人がやってくれましたよ。
 
調査捕鯨船に侵入、米活動家2人拘束 南極海航行中

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。