スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘の向こう側

 今、チベットで、暴動が起きています。中共は「一切武器を使っていない」と言っていますが、それが嘘であることは、「アジアの真実」というブログが紹介していた「チベット人権民主化センター」のサイトに載っている虐殺画像が証明しています。
画像はこちら(注:非常にショッキングな映像ですので、その手の映像が苦手な方、苦痛に感じる方は決してクリックしないようにお願い致します)
 他にも、中共はAFP BB NEWSによると「(チベットの暴徒が)無関係の人間にガソリンをかけ火をつけたり、巡回中の警官を殴り倒し刃物で肉を切り取ったりした」と語っていますが、これこそ、漢民族、そして中共の虐殺方法そのものです。肉を切り取るという発想が出て来る事自体、その昔、食人を嗜好としてきたDNAのなせる業なのです。
 私は、このように、通常の人間では考えられないような、残忍な虐殺方法を見る度に、通州事件を思い出します。
 多くは語りません。中共の白々しいともいえる嘘の向こう側には、人を震撼させるような真実が息を殺して存在していると、その嘘を隠すためには、ことさらその相手を悪者に仕立て上げるのだと、思い知った方が良いでしょう。
 これは、嫌味ではなく、真剣に問いかけます。日本の人権団体は、今こそこの重大な人権蹂躙問題に抗議すべきではないですか。
 どの著書かは忘れましたが、台湾の評論家である黄文雄氏が書いた文章が正に今の中国の姿に当てはまっているので、最後に記します。


中国人の欲には限りがないから、たとえ、世界中を手に入れたとしても、満足はしないだろう。
スポンサーサイト

COMMENTS

お前の頭は大丈夫か?

ダライテロ派は暴虐無人の行為をしたことに目を瞑るな!

まつさん

初めまして。
ダライテロについては、
具体的な事件や性格が書かれていないのですが、
あれば書いて頂けますか?
私が先ほど調べた上では、中共の僧侶虐殺や拷問、民族抹殺行動に比べて、ダライテロについては、出所の怪しい情報ですら、全く聞きませんが。
ダライラマ14世によってテロが行われていると主張するならば、そのソースを持ってきて頂けませんか。
私も、チベットの、あのようにおとなしい民族がテロリストとは、初めて聞く話ですけどね。

 台風様、お久しぶりです。
 私は、昔から、ダライ・ラマ十四世睨下を尊敬しています。
 今回のチベットの暴動は、決して法王の煽動によるものではないと硬く信じております。
 睨下は度々我が国にもこられ、伊勢の神宮、靖国神社、奈良の東大寺や興福寺などを
訪れておられます。
 あの信仰に対する、真摯なお姿、謙虚で素晴らしい姿勢は、決してそんな暴力を煽るような事をなさる方ではありません。
 我が国の人権団体もそうですが、宗教界が
何も言わずに黙っている事です。
 特に仏教界、米国のイラク戦争の時には、断食したり、米大使館に抗議に行ったりしていたではありませんか?それが今回は沈黙とは、
呆れてものも言えません。

お粗末

 中共に肩入れとはチョロ"まつ"こそ正真正銘のキチガイやな。www

愛国青年様

お久しぶりです。そして、お返事が遅れまして、申し訳ありません。
恥ずかしながら、愛国青年様のコメントを読むまで、「睨下」という敬称があることを知りませんでした。
私は、愛国青年様ほどダライラマ14世睨下について詳しくないし、睨下が何を語られたかは存じ上げません。
しかし、中国のこれまでのチベットに対する仕打ちに対しても長年チベット国民(あえてそう表現させていただきます)が耐えてきたことが、先導否定の大きな理由になると思っています。
どうせこの後も弾圧される、もしかしたら、チベット民族が世界の歴史から姿を消してしまうかもしれない、ならば、この、「北京オリンピック」が最後の主張のチャンスだ、ならば、命を懸けても世界に知らしめねばならない。
そう思ったのではないでしょうか。それが、暴動という形になった。そうでもせねばならないほど、中国の弾圧が激しかったと思っています。

お久しぶりです

 台風様
 お久しぶりです。
 お恥ずかしい限りですが、私も法王睨下(げいか)については、それほど詳しいわけではありません。ただ、睨下が、
1、観音菩薩の化身と信じられている事
2、代々、転生という形で、現在に至っておられる事。
3、非暴力を貫いておられること。
4、親日家であること。
などです。
 米国へのトランジットの際、成田のホテルでおっしゃられたお言葉の中に、
「私は北京オリンピックを支持しており、それはこれからも変わらない」
「私はチベットの独立を求めているわけではなく、対話と、そして高度な自治を求めているだけだ。」
「(聖火リレーに対する妨害行為は)勿論慎むべき事であるが、
黙れという権利は私にはない。」
「私は悪魔などではなく、ただの人間です。」
こうしたご発言をみても、如何に素晴らしい方かがわかると思います。
 ちなみに「睨下」(げいか)というのは、宗教上の最高指導者に
与えられる尊称なのだそうです。

銃始末さん

あまりあおらないでw
ということで、まつさん、おとといおいで~。

ありがとうございます

愛国青年様が簡潔にまとめてくださったおかげで、
睨下のご発言が良く分かりました。
それにしても、
「生き仏」、「観音菩薩の化身」であられる睨下が
「私はただの人間」とは、何たる謙虚なお人柄でありましょうか。
コキントーはそんな睨下のカリスマや求心力に嫉妬したのかもしれませんね。
勿論、それだけではないでしょうが。

長かった9年間

 山口県光市での母子殺人事件は、発生から9年目で、ようやく事実上の結審を迎えましたね。
「死刑」でした。
 この9年間、裁判と、そして事件と向き合いつづけてきた被害者の夫である父
でもある、本村洋さんは、今どんな気持ちでしょう?
 私は、今日の本村さんの会見を伺って、「これが果たしてまだ30代の男性の
言える言葉だろうか?」と思い、感動しました。
 自分は、もう40を遥かに越していますが、もし同じ立場に立たされても、あれほどのことは口には出来ないでしょう。
 頭が下がる思いです。
 

愛国青年様

朝日新聞の女性記者が非常に失礼な質問をしていたと話題になっていますが、それよりも失礼な質問がありました。これも女性の声でしたが、どこの新聞社の所属か聞き逃したため、推定は避けます。
以下超失礼な発言
「今回元少年の被告が死刑になったことで、本村さんの心は癒されるのでしょうか。」
それに対しての本村さんの答え
「癒されるということはありませんが、納得はしました。」

私たちには、彼の胸のうちは完全には分かりません。しかし、この一言も、彼の胸のうちの一部を明かしたものと言っていいでしょう。
しかし、記者の失礼極まりない質問にも誠心誠意答えるところ、さすがです。
件の記者は、少しでも彼の態度を見習うべきでしょう。

私は、テレビで、雪の中、遺影を持って「私は、家族すら守れない無力な男だと…」と涙声で言っていた本村さんの姿を見るたびに、犯人は、絶対にこの世に戻してはならないと思いました。

失礼しました

台風様
 急に本題とは違ったお話を振ってしまって、申し訳ございません。
 申すまでもなく、私は「死刑存置論者」であります。
 今回の事件の被告は「死刑」しか考えられないとも思います。
 しかし、そう思いながら、内心に一つの矛盾を抱えてしまっているのです。
 これは、別の掲示板にも記しましたが、まだ完全には悟りきれていないようです。
 私がダライラマ十四世法王睨下をご尊敬申し上げている事は記しましたが、睨下は、仏教徒として、常に慈悲を説いておられ、死刑廃止論者でもあるよう
です。
 死刑存置論者である私が尊敬する方が、死刑廃止論者である事・・・・私は
この事について、ともすると悩んでばかりおります。

尊敬とは

どういう意味を持つのでしょうね。
私は、その人を尊敬するからと言って、すべてその人の思想や主義主張を受け入れたり、正しいと思うことはないんじゃないかと思います。尊敬は、盲信とは違いますしね。
この方の、こういうところは、自分の考えと相容れない、でも、この方のことは、心から尊敬している。
そのような感じがいいのじゃないでしょうか。

萩本欽一という人

 先ほど帰宅して、長野の聖火リレーとやらの顛末を見ていました。シナ人達の大量動員された赤旗も不気味に感じましたが、もっとも懸念を覚えたのは、
「聖火ランナー」に選ばれた有名人たちです。
 彼らには、今、何故世界各国で行われている「聖火リレー」なるものが、ここまで問題になったのか、その事に対する自分なりの意見はないのかという事が、
全く感じ取れませんでした。
 皆、口々に「スポーツと政治は別だから」とか「選ばれたのだから精一杯走る」とか、そんな言葉ばかりです。
 特に気になったのは、あの「萩本欽一氏」です。
 以前も、こちらのブログで、萩本氏の事が取り上げられていましたが、私は今回も、「この人は天性の能天気なのか、それとも根っから何も考えていないか、
どちらかではないか」と呆れてしまいました。
 自分が走っている時に、モノが投げ込まれたというのに、「自分じゃなくて、周りの(警察官)が、『欽ちゃん走りをして』いた」だの、『どうせなら、ハイタッチをしながら走りたかった』だのという言葉を口にしていたのです。
 別にランナーを拒否しろとはいいません。ただ、もう少し問題意識を持ってほしかったですね。
 話題が飛び飛びになって、誠にすみません。

欽ちゃんは阿呆です

いきなり過激なコメントタイトルですみません。
今日、TBSがいかにも「欽ちゃんリレーがんばったのに…」みたいなテイストでドキュメントをしてましたので、嫌悪感を覚えつつも見ていたら、もう一回、リレーで走ったところを走ったシーンの後に、欽ちゃんの驚愕のコメントが…
選手のみんなはがんばってるんだから…とか何とか。
いや、その今までの努力すらいろいろな妨害によって否定される危険性があるんですが、正直、その選手が選手生命または生命の危機にさらされる可能性が十分にあるんですが、そこら辺を分かってないでしょう、あんた?と。
結局、欽ちゃんは何も分かってない上に、中国と言う国すら、まったく理解していないんでしょう。ですから、愛国青年様の書かれていた、「何も考えてないんでしょうか?」が正答のように思えます。
しかし、同じ番組で、福沢朗アナが真っ赤な旗が振られている画像を見て、「ここはいったいどこの国だと…」と常識日本人的なコメントをしていたのを記しておきます。このまま毒されんでくれ…。
でも、その直後の麻木久仁子のコメントには失望しましたが。

台風様

 その「麻木久仁子」の発言って、どんなものだったんでしょうか?教えていただけますか?
 

遅くなりました

かなり日にちが経ちましたが、しっかりと覚えています。
「まあ、それも含めて、日本は表現の自由がある国ということですからね~。」
………何のフォローのつもりだ…。




私の最後の砦は、高木美保女史かもしれない。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

wowzers,

wowzers,

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。