スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領土問題に「配慮」をするのがそもそもの間違い

 みなさんこんばんは。総理が福田になってからというもの、太郎ファンの私は、「こんなとき、総理が麻生さんだったら…」と何度も思うことがありましたが、今回もそうでした。

「竹島」中学校の解説書に明記、領土巡る表現は韓国に配慮

 李大統領は、今頃、自分の支持率低下を防げたと思って、胸をなでおろしていることでしょう。言っても無駄とは思いますし、それでも何度も言いますが、韓国国民は、自分達の選出した首長に馬鹿にされているのです。反日は、いざという時の切り札と言うか、魔法の言葉なのです。最初、李大統領は、今までの大統領よりは親日的でした。しかし、韓国では、今までにどんな大統領でも自分の支持率低下防止のために反日カードを使ってきました。前大統領のノムヒョンなどが記憶に新しいと思いますが、だからこそ、私は、たとえ親日的な李であろうと、信用していませんでした。しかし、幾らなんでも、日本側から何もしてこないのに、自分から仕掛けることはできないだろうと思っていたら、絶妙のタイミングで、領土記述問題が発生しました。
 それに対して、福田は「相手の嫌がることはしない」と、まるで幼稚園児のような正義感を振りかざして、韓国に配慮した結果、「固有の領土」明記を避けました。その結果、起きた事件がこれです。

独島:韓国教総「韓国の自尊心を踏みにじった」

 ここの、韓国国民の言葉がこっけいなので、ちょっと抜粋します。

全国教職員労働組合(全教組)も声明で「日本政府の行為は絶対に受け入れることができない。今後の世代に独島が韓国の領土であることを歴史と実証的な資料を基に教育し、日本政府の帝国主義的な教育政策と外交政策を暴露していく」と強調した。



 「歴史と実証的な資料を基に教育」ってあれですか、次々と「これが独島が韓国の領土である」と史料を見つけてくるものの、矛盾が発見され、結局逆に竹島を日本領土と証明する史料にしかならなかったというあれの連続ですかwもう、数が多すぎて、どれがどうだかどれだけあったか忘れてしまいましたよw

 ソウル自由教員組合も「日本はいまだに軍国主義の妄想から脱することができていない。その侵略性を糾弾する。われわれも近・現代史の教育課程を強化し、独島が大韓民国の領土であるということを明確に知らしめるため、教育を実施すべきだ」と主張した。



 軍国主義の妄想から脱していなければ、とうの昔に日本軍を復活させて、竹島を力ずくで奪還してますよ。それに比べて、あなた方の国は何をしとるんだといいたいですね。軍国主義の妄想(=日本に戦争で勝利したい)に取り付かれているのは、自分の国じゃないのかね。

 

また、市民団体の「独島守護隊」は「学習指導要領解説書に明記された独島領有権の主張を日本政府の全面戦争宣言と見なし、可能な限りあらゆる措置を講じていく」と明らかにした。



 いい根性です。宣戦布告と断じるなら、さっさと攻撃でもするがよろしい。でも、自国がお留守になって、同胞のはずの北の国から戦争再開されても知りませんよ。ていうか、地下鉄の駅にどうどうと反日ポスターを貼ったりするあたり、あなた方のほうが宣戦布告してるんじゃないのかね。しかも、かなり前から。竹島の実効支配にしたって、あれは、れっきとした領土侵犯であり、問答無用で攻撃されてますよ、日本が優しい人柄でよかったですね。そもそも、たかが一市民団体に、国相手に宣戦布告する権利があるんですか?とうとう、北の病気が移ったんでしょうか。

 新社会連帯も声明を通じて「東北アジアの未来のための平和構築を覆す覇権的な軍国主義が、今まさに復活しようとしている」と、強い口調で非難した。



 だから、平和構築を覆す覇権的な軍国主義は、あなた方の国のほうだと何度言ったら…。もう、あらゆる好戦的な言葉を並べて、日本を貶めようという意思が、透けて見えます。
 

 人の嫌がることをしたくないという福田総理、韓国に配慮した結果がこれです。このブログでは引用していませんが、このことを受けて、韓国国民は、また日章旗を焼いたり、指を切って血文字で抗議文を書いたりしています。
 そもそも、領土問題に「配慮」などすることが愚の骨頂なのです。もし、これからも「配慮」していると、竹島が還ってこないばかりか、対馬まで盗られる羽目になるかもしれません。「配慮」して、引けば引くほど付け上がって踏み込んでくるのが中国と韓国です。一国の長ならば、自分の周りにある国の性格がどんなものか、それくらいは把握しておきなさい。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

 台風様
 コメント遅くなってすみません。
 一連の騒動を見るに、一体どちらの国が「軍国主義」で
どちらの国が「覇権主義の持ち主」で「侵略行為」を行おうと
しているのか、冷静な頭を持っている人なら、すぐにわかりますよね。
 おまけに、あちらの「市民団体」と称する連中は、キジ(日本の国鳥)の頭をハンマーで殴り殺し、その血を日の丸に塗りたくったり、内臓をくらったり、天皇陛下の御真影や、福田総理の肖像を焼き捨てたりしたそうですね。
 こういう言い方は好きではありませんが、一体どちらの国が
「野蛮人なのだ」と、こちらも言いたくなってきます。
 それから、やるに事欠いて、我が国の正当な領土である対馬に乗りこんで「対馬は我が国の領土だ」と気勢をあげたとかいうニュースまで入ってきています。
 野蛮で、軍国主義的で、理性的でない・・・・
 ああいう連中と付き合うのは、ほとほと疲れます。
 しかもテレビは衛星放送から何から、この後に及んでもまだ
「寒流ドラマ」を流し「韓国よいとこ」の特集を流していますからね。
 我が国はいつになったら「領土と国民を守る」という意識に目覚めるのでしょうか?

遅くなりました。

 キジの頭をつぶすことに至っては、もう、どこぞの未開の部族の宗教儀式としか思えないのですが、そういうことは、宗教儀式らしく、人の目につかないところでやってほしいですね。
 しかし、福田の写真ならともかく、天皇陛下のご真影を焼くとは、許し難いです。
 私たちが(決してそんな野蛮なことはしないと信じていますが)同じようなことをしたら、どれだけ怒ってくることか。
 さて、今回日本政府がこのことで韓国に抗議をしたとは寡聞にして聞かないのですが、日本は、我が国の象徴を侮辱されてもあなたの国には何も文句はつけません、というのが福田内閣の総意と考えてよいのでしょうか?
 一言くらい文句言ってもいいんじゃない?「誠に遺憾です。」とか。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。